レビトラの注意点はグレープフルーツとの組み合わせ

男性の機能を改善する事が出来るED治療薬の一つとして人気があるレビトラですが、レビトラを服用する時の注意の一つとしてグレープフルーツとの組み合わせは避けなければならないです。

グレープフルーツグレープフルーツの中にはフラノクマリン酸と呼ばれる成分が含まれていて、この成分が薬物代謝酵素であるシトクロムP450の働くを阻害する作用を持っています。
酵素の働きを阻害する事によって血中での薬の濃度を高める作用があり、血中濃度が高くなってしまうと本来想定される通りには薬が作用しなくなってしまいます。

薬の効果が高くなるという事は必ずしも良い面ばかりではなく、副作用の症状も悪化する事もあるのです。

グレープフルーツとの組み合わせが良くない薬はレビトラ以外にもいくつかあるので、薬を服用している人にとってはグレープフルーツは注意が必要な果物といえます。

薬の服用は用量や用法を守って正しく服用する事が大切であり、レビトラの使用に関してもグレープフルーツと一緒に服用しないように注意が促されています。
知っていようが知らなかろうが薬を服用する本人の身体にも関わる事となっているので、レビトラを服用する時にはきちんと注意書きも読んでから利用するようにすべきです。

薬というのは扱い方を少し変えるだけで思わぬ作用をもたらす事も多く、それが良い作用であれば良いのですが、命に関わる事態になる事も珍しい事では無いです。

薬に限らずに製品を販売する際には基本的には宣伝するためにも良い面ばかりを強調している事は仕方の無い事ですが、利用者は自分の身を守るためにも安易に考えるのではなくて自分できちんと一度調べてから服用するようにする習慣を身につけておいた方が良いです。

関連記事はこちら

google+TwitterFacebookハテナポケットフィード