生活習慣病の高血圧とEDとの関係性

最近は生活習慣の乱れが原因で起こる「生活習慣病」が増えてきています。
生活習慣病とは肥満や高脂血症、高血圧や糖尿病といったような生活に関することが原因で起こるとされる病気の総称です。

生活習慣病に悩まされる男性特に働き盛りの40代の人を中心に、生活習慣病の人が増えていますが、最近は若い人でも生活習慣病になっている人がいます。

この生活習慣病の中に高血圧が含まれますが、これがEDと深く関わっているということが言われています。
高血圧とEDは密接な関係があるとされています。

EDというのは男性の性機能障害の一つで、その中には勃起障害や硬度不足などによって、性行為が満足に行うことができない状態のことを言い、治療薬としてはバイアグラやシアリスやレビトラ等が挙げられます。

この勃起障害の原因は、外傷などのこともありますが、その多くは高血圧や動脈硬化、糖尿病や心疾患や脳血管障害や多発性硬化症、男性更年期症が関わっているとされています。

このほかには、腎機能障害や鬱病、薬の副作用が原因となっていることもあります。
このようなさまざまな病気が、EDを併発しているのです。

また動脈硬化や糖尿病や心疾患、末梢血管障害は高血圧が原因となって引き起こされる合併症でもあるので、ほとんどの原因がここにあるということになります。

EDになる確率は実際にはどのくらいなのかというと、年齢に比例して高くなっていくということがわかっています。

そのようなED症状に有効なのがED薬です。
中でもレビトラの塩酸バルデナフィルは最近特に注目されているED治療薬で、服用してからの即効性が高く、使い勝手が良いといわれています。

ぜひ一度、使用を検討されてみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら

google+TwitterFacebookハテナポケットフィード